ホリエモンとひろゆき「サッカーがDAZNに食われたのは日本の大企業が大きな決断をできないから」

3pt   2017-03-21 10:40
IT速報

8810a590-s.png

Jリーグ放映の独占権を持つ「DAZN(ダ ・ゾーン)」。ついにはドコモと提携し、日本のサッカーファンを魅了している。これについて、ホリエモンとひろゆき氏が語った。

ホリ ドコモと組んだことが大きいよね。ドコモユーザーだったら月額980円で利用できるらしいから普及に拍車がかかると思う。

ホリ ネットとかだと「日本の会社がやってほしかった」みたいなコメントがあったけど、この手のサービスって資金力次第なんだよね。

ひろ 日本の企業が大きな決断をできないのって、決定権を持つ50~60代の人たちの影響が大きいと思います。この世代の人たちは、自分が無難に定年まで逃げ切れたらいいと思ってそうですし。

ホリ 逃げ切りたいってのもあるかもしれないけど、単にグローバルな視点がないだけと思う。あとは判断材料が乏しくて決断できないとか。

ひろ まあ、自分で何か起こすタイプは、そもそも大企業に就職しないでしょうし、実力による給料の差があんまりないので、自分でガツガツやるタイプの人は大企業ではあんまり得しないですよね。

「高学歴から大企業」という世間の評価で物事を決める人は、レールが敷かれてない場所に行ったり、前例のないことをやるのはめっちゃ恐怖だと思いますよ。

ホリ それで失敗しなかった人の最高峰が社長だったりするわけだから、ある意味で仕方ないか。でも、そんなことしてるとめちゃめちゃデカい失敗するんだけどね。

ひろ 渦中の東芝みたいなケースもありますしね……。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5669197&name

   ITアンテナ(仮)トップページへ
の話題が沢山。